任意売却・無料相談.comのトップへ >>  任意売却を依頼するタイミング

任意売却を依頼するタイミング

通常、住宅ローンを6ヶ月以上滞納すると、住宅ローン保証会社が住宅ローンの残債を銀行などの債権者へ代位弁済します。
この場合の代位弁済とは、債務者に代わって住宅ローン保証会社が一括返済することをいいます。
これにより、住宅ローン債権は銀行から、住宅ローン保証会社に移動します。
その後、住宅ローン保証会社は、裁判所に競売申し立ての手続きをします。
競売の申し立てを受けた裁判所は、対象物件の売買、譲渡、賃貸などを防ぐために、物件が競売対象である旨を一般に公表し、競売開始に向け手続きが進んでいきます。

このタイミングでも、任意売却できますので、当サイトで任意売却専門会社にご相談ください。

また、差押、競売開始になった後でも任意売却への切替ができます。
債権者(銀行や保証会社)と交渉して、任意売却の合意を取り付けることで競売を取り下げることができます。
競売の取り下げが不可能でも任意売却と並行することできる場合があります。

ただし、競売の開始直前など債権者との交渉に時間が取れない場合などは、任意売却にできる可能性が低くなりますので、 当サイトを利用して、できるだけ早タイミングで任意売却専門会社にコンタクトし、相談することをお勧めします。

任意売却専門提携機関に依頼する
お電話にてお気軽にお問い合わせください


一般の不動産査定をご希望のお客様はこちら