スピード解決・秘密厳守

メリット

メリット

オンライン査定はこちらから

一括査定
  • 物件種別を選択

  • 都道府県を選択

  • 市区町村を選択

  • 町名を選択

オンライン査定をスタート
掲載企業様募集
  • Pマーク
    当社は、個人情報保護のために適切な体制を確立した事業者として、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)からプライバシーマークの付与認定を受けています。
  • SSL グローバルサインのサイトシール
    当サイトは、グローバルサインのSSLサーバ証明書を受けており、入力されたお客様の情報は暗号化され安全に送信されます。

どうすればいいの?専門機関に任せて安心!

条件に合った提携機関をご紹介

会社の倒産やリストラ、ご家庭の事情、多重債務など様々な理由で住宅ローン返済が 困難になっており、改善できない場合、次のいずれかをご選択しなくてはなりません。

1: 強制的に皆さまのご自宅が接収される 「競売」
2: 自らのご意思で売却し自立再生する 「任意売却」

もし、任意売却をご検討されるのであれば、迷わずご連絡ください。 皆さまのご地域やご状況に応じて、適切な提携機関を、早急に無料でご紹介させていただきます。

ご紹介するのは、任意売却の専門知識やノウハウを持った機関ばかりでございます。
安心して何でもご相談ください。

もちろん、ご紹介にあたりまして、皆さまから紹介料などの代金をいただくことは一切ございません。 完全無料でございます。

特徴1: 状況にマッチした任意売却の専門機関をご紹介
特徴2: 完全無料で、専門機関をスピード紹介
特徴3: プライバシーマーク取得企業だから秘密厳守

何もしないでいては、お時間が過ぎるばかりでございます。
必ず解決に近付くことでございますので、すぐにお電話かご相談フォームにてご連絡ください。
お待ちしております。

適切な機関をご紹介するためフォームにはできるだけ詳細にご入力下さい。

任意売却マップ

お役立ち情報


任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローン(借入金)の債務者がその支払いが困難になったとき、不動産を競売にかけずに債務者(不動産所有者)と債権者(=抵当権者、金融機関など)が合意のうえで不動産の売却を成立させることを言います。
通常、債務者(不動産所有者)と債権者(金融機関など)の間に仲介者(弁護士、司法書士、不動産仲介会社など)が入るケースが多く、不動産の売却は不動産仲介会社が行います。
リストラ、減給、勤務先の倒産、カードローン借入、離婚など家族の事情、健康上の都合など、何らかの事情で住宅ローンの返済が困難になった場合、通常、債権者である銀行等金融機関は、抵当権に従って、所有者(債務者)の不動産を競売(強制売却)にかけ、現金にして債務返済に充当しようとします。
一般的に、競売だと市場価格より2~3割低い価格になることが多く、その分、債務者の住宅ローン返済額も少なくなる。 そこで不動産仲介会社など仲介役として債務者(不動産所有者)と債権者の間に入り、なるべく両者に満足のいくような価格でこれを売却することを任意売却と言います。
また、その後の残債は、債権者・抵当権者の合意を得て任意売却した場合、競売とは違い、生活に支障のない範囲(月3万円など)で残債務を確実に毎月支払えば、常識的な債権者(抵当権者)は給与差押などの強制執行は行わないケースがほとんどです。

メリット

1.市場価格に近い価格で(競売より高く)売却できる
2.債権者への返済額が多くなる(=残債が少なくなる)
3.一般の不動産売却と同じ方法で売るため近隣に秘密で売却可能です(競売情報は公開されます)
4.残債返済について柔軟に対応(債権者に残債の返済方法について相談できます)
5.売買時の仲介手数料の持ち出しはありません(売却価格から差し引かれるため)
6.引越費用や引越し期日について相談が可能です

デメリット

競売と比較した場合のデメリットは、ほとんどありませんが、債務者の状況によっては、債権者が任意売却を受け付けない場合があります。住宅ローンを滞納して何もしないでいると競売になってしまいますので、まずは債権者に相談をすることからスタートすることが肝要です。
査定依頼受付中
PICK UP TOPICS
三菱地所ハウスネット
不動産関連用語集
不動産売却Q&A
お客様の声
不動産&マンション売却査定.com