任意売却・無料相談.comのトップへ >>  担保不動産競売開始決定通知

担保不動産競売開始決定通知

担保不動産競売開始決定通知

担保不動産競売開始決定通知とは、住宅ローンの貸主である債権者(抵当権者)が競売を申立し、裁判所がそれを受理したという通知です。
この段階では、具体的な入札日などの記載はありません。
しかし、競売開始決定通知は、「裁判所で競売の手続が始まりました」 という意味ですので、実際の競売に進展するまでに、任意売却の手続きを取ることをお勧めします。

任意売却をするには、任意売却を得意としている不動産業者と専任媒介契約書を取り交わし、競売と同時進行で任意売却を進めていくことになります。
任意売却を完了させるには、まず、任意売却での物件売却を、債権者に同意してもらう必要があります。
銀行など債権者との交渉は、任意売却を担当する不動産会社と協力して行います。
そもそも、債権者の同意なしに任意売却はできませんので、買い手を見つけることより不動産会社との契約、債権者との同意が最優先事項となります。

この不動産競売開始決定通知を受け取ってすぐであれば、約6ヶ月間の時間が残されています。
この間に任意売却を完了させれば、競売を回避できます。
すぐに当サイトを利用して、任意売却専門会社とコンタクトを取ってください。

任意売却専門提携機関に依頼する
お電話にてお気軽にお問い合わせください


一般の不動産査定をご希望のお客様はこちら