任意売却・無料相談.comのトップへ >>  競売が完了すると自宅はどうなるのか?

競売が完了すると自宅はどうなるのか?

競売が完了して新所有者が決定すると、その物件は新所有者のものになりますので、そもそも「自宅」でなくなります。
仮に元所有者が実際に住んでいたとしても、それは不法占拠にあたります。

競売が完了すると?

競売完了後、仮に元所有者が住んでいたとしても、強制立ち退きが決定すると裁判所の執行官は運送屋を同行させ、あらゆる家財道具を搬出します。
家財道具の返却には返却費用が必要で、これは通常の引っ越し費用を上回ります。
搬出後、鍵が変更されるため、再び室内に入ることはできません。

執行官はこの作業に慣れているだけでなく、1日に同様の案件を数件抱えているケースもあり、大変スピーディーに実施されます。

これは、裁判所が認めた合法の行為であり、問答無用で異議申し立てなど一切受け入れられません。

任意売却であれば、立ち退きにおける引越代など交渉も可能です。
当サイトは、任意売却専門会社を無料でご紹介いたします。すぐにお問い合わせ下さい。

任意売却専門提携機関に依頼する
お電話にてお気軽にお問い合わせください


一般の不動産査定をご希望のお客様はこちら