任意売却・無料相談.comのトップへ >>  サービサーとは?

サービサーとは?

サービサー(servicer)とは、債権回収会社のことで、法務大臣から営業許可を得て、貸付債権の管理回収業務を専門に手掛ける会社のことです。
金融機関などから債権の管理回収業務を受託して手数料収入を得たり、債権を買取ったうえで担保不動産を処分する業務を 行うなどして収益をあげます。

サービサーとは?

従来、債権回収は弁護士のみに認められた業務でした。 しかし、債権回収業務の重要性が高まり、1999年(平成11年)年に「債権管理回収業に関する特別措置法」(以下、サービサー法)が施行され、民間企業の参入が可能になりました。

サービサー法は暴力団の排除や強制的な取立て規制など、厳しい業務規制があります。 例えば、私生活を妨害するような夜間早朝の電話連絡・訪 問、勤務先への訪問、連続した電話等による督促などが禁止されています。暴力的な態度や大声など乱暴な言動はもちろん 禁止です。
サービサーは、債権回収に特化した会社ではありますが、特別な回収手段が与えられているわけではありません。

任意売却に関してサービサーへの対応については、当サイトでご紹介する提携会社にご相談ください。

任意売却専門提携機関に依頼する
お電話にてお気軽にお問い合わせください


一般の不動産査定をご希望のお客様はこちら